うっちゃれ!マリナーズ

私がSeattle Mariners(シアトルマリナーズ)のGMになったらっという、くだらな~い妄想を基本 『 あーでもない・こーでもない 』 と書いていく、 かる~いブログです。

ちょっと早くね〜!? 2019・・・その2

ども、こんばんは!

毎年静かな1月なのですが、今年も Dipo はこの時期には動きませんねぇ~。

Manny Machado(3B)と接触しているミステリーチームが居るみたいですが、

それが SEA なのではないかと言われています。何処にきまるのでしょうか?

 

長くなってしまったので半分に分けました。その2です。

SEA までの 20 チームが誰を指名するか予想してみます。MLB.com

 

Pick #1:BAL / Adley Rutschman(C - JR)

※ HS の選手を好んで指名するイメージがある球団です。C / 1B に需要が

ある感じですかね。ってなるとやはりコノ選手でしょう。ココは固い。

▲ 今ドラフト最高クラスの選手。3年前に SEA が獲得に失敗した逸材です。

打てて、守れて、肩も強いスイッチヒッター、人気が出ない訳が無い。

Matt Wieters(C)を彷彿させるドラフトになるかも。

 

Pick #2:KC / Josh Jung(3B - JR)

※ 昨年はドラ1・ドラ2で 5人の投手を指名し、ビックリさせてくれました。

C / 3B / SS に需要がある感じですかね。

▲ 昨年はリーグトップの AVG.392 を打ち、優勝に導きました。

スピードは無いのですが、強肩で守備も良いので、プロでも 3B にとどまれる。

今ドラフト、私の一番欲しい選手です!

 

Pick #3:CWS / Andrew Vaughn(1B - JR)

※ 素晴らしいファームを持っているチームですが、1B / 3B / SS に需要が

ある感じですかね。特にパワーバットの 1B が欲しいのでは?

▲ 昨年は G54 に対して SO18 / BB44 / AVG.402 という圧倒的な打者スキル

を見せつけた選手。BBを良く選ぶ、選球眼で、ゴールデンスパイク賞も受賞。

将来は、驚異の4番打者になる可能性をもっていますね。

 

Pick #4:MIA / Brennan Malone(RHP - HS)

※ オールスター選手をあれだけ売りまくったのにも関わらず、何故こんなに

酷いファームになっているのだろうか???野手でも投手でも何でも欲しい。

Jose Fernandez 以来エースが育っていないので、フロリダ出身の投手に。

▲ 速度と運動能力の点で、高校クラストップの武器を持ち、際立っています。

最速 97mph の FB がずば抜けていて、セカンドピッチがまだ育っていません。

 

Pick #5:DET / Bobby Witt Jr.(SS - HS)

※ ファームは素晴らしい投手王国になっています。一昔前の SEA みたいですね。

B.Witt Jr がココまで落ちてくるかは難問ですが、指名出来たら嬉しいでしょう。

▲ 父親(投手)もドラフト全体3巡目指名(TEX)を受けています。

ヒットツールに懸念が有ると言われていますが、他のスカウトは一流のバッター

に成長出来るとも言われています。

 

Pick #6:SD / Riley Greene(OF - HS)

※ 現時点で最強のファームを持っています。1B / 3B / OF に需要がある感じ

ですかね。特にパワーバットが欲しいのでは?

▲ 高校生打者としては、圧倒的なレベルの地位にいます。

スムーズなスイングで、全てのフィールドにボールを飛ばすことができる。

問題は守備で、両翼のみしか守れない。将来は 1B にコンバートするかも。

 

Pick #7:CIN / Graeme Stinson(LHP - JR)

※ 打者よりも投手に行きそうなファームですね。特に LHP が欲しいのでは?

▲ 大学生ではトップクラスの投手です。今ドラフト No.1 と言われている

スライダーを武器に、IP62 で SO98 / BB19 という圧倒的な成績を昨年

残す事が出来ました。私のイチオシ投手です、落ちて来ないかなぁ~。

 

Pick #8:TEX / CJ Abrams(SS - HS)

※ ファームは少しずつ良くなって、ランク15位くらいになっています。

極端に IF が少ないので今年は SS あたりにいくのでは?

▲ 今ドラフト最高クラスのスピードをもっていて、Dee Gordon(SEA)と

比較される選手。将来は盗塁王になれる可能性をもっています。

守備に不安が有る為、将来は 2B か CF にコンバートするかもしれません。

 

Pick #9:ATL / Braden Shewmake(SS - JR)

※ SD の次、ファームランク No2 の球団。こちらも投手王国ですから、

野手の指名に行くのではないでしょうか?

▲ フレッシュマン・オブ・ザ・イヤーを受賞した程、1年目から活躍しました

が Sophomore の昨年はちょっと成績を落としました。しかし現時点で

大学生 No.1 のピュアヒッターの一人なのは、間違いありません。

 

Pick #10:SF / Spencer Jones(LHP / 1B - HS)

※ 近年、Prospect を売りまくってしまったので、低いファームとなって

いますね。IF か投手か迷いました。なので、どちらでもいける選手を。

▲ 今ドラフト最高の two-way player です。最速 93mph の FB と、

セカンドピッチのカーブが素晴らしい。第3の球種が育てば No.3-SP には

なれるかも。野手では OF も守れます。打撃は未完成ですが伸びしろは大きい。

 

Pick #11:TOR / Jack Leiter(RHP - HS)

※ Vladimir Guerrero Jr. を筆頭に、打者の Prospect が豊富にいますね。

今年は投手に行くと予想しました。

▲ 父親は 19年間メジャーで活躍し、現在 MLB Network のアナリスト Al Leiter

その父親も TOR で投げていました。平均 90-95mph の FB とカーブ・スライダー

全てが良い物を持っていて、Sonny Gray(NYY)の様な投手になれるかも。

 

Pick #12:NYM / Corbin Carroll(OF - HS)

※ 大量の Prospect を SEA に売って頂けましたから、ファームはスカスカに。

高校生を好んで指名していますので、今年も高校生に。

▲ 高校生 No.1 のピュアヒッターで、盗塁王を狙える走力も持っています。

身長が高くなく、アームスキルも乏しいのですが、守備範囲の広さでカバー

出来ると思います。パワースキルも無いのですが、筋肉が付けば少しはマシに。

 

Pick #13:MIN / Daniel Espino(RHP - HS)

※ バランスの良いファームですね。誰でも良いっちゃ、誰でも良いのかと。

▲ 最速 99mph の FB を投げるパナマ人。セカンドピッチのスライダーも

十分プロで通用するレベル。腕が非常に長いですね。

 

Pick #14:PHI / Shea Langeliers(C - JR)

※ ココのファームも総崩れになる事がありませんね。トレードの相手としては

渋ちんなので嫌いです。捕手が居ないので今年こそは。

▲ 守備力だけでいえば No1 の Adley Rutschman よりも上です。

パワーも有り、2年連続で 10HR 以上放っています。ヒットスキルを伸ばす事が

出来れば、素晴らしい捕手になれるのでは。

 

Pick #15:LAA / Carter Stewart (RHP - Ju-Co)

※ 数年前までは、つまらないファームだなぁ~っと思っていましたが、

近年のドラフトで良い選手を指名しているので、充実してきましたね。

SP / C / CIF に需要がある感じですかね。

▲ 昨年のドラフトで全体8巡目指名を受けましたが、メディカルでひっかかり

ました。手首に懸念が有り PHI 側との折り合いがつかなかったみたいです。

本人は問題ないと言っていて、今年も短大からドラフト参戦です。

   ココからは名前だけで・・・疲れた・・・

Pick #16:ARI / Matthew Thompson(RHP - HS)

Pick #17:WSHMatt Wallner(OF - JR)

Pick #18:PIT / Matthew Allan(RHP - HS)

Pick #19:STL / Will Wilson(SS - JR)

 

ふぅ~疲れた・・・次が SEA の番です。Dipo が好きなタイプは、

投手で言うとパワーアームよりも、制球が良く技巧派のフライ系。

打者は出塁率重視で、走れるアスリートタイプってカンジでしょうか。

どちらも安定感の有る選手を好んで集めている印象が有ります。

その辺を考慮すると・・・・ SEA bonus pools($8.0Mくらいかな?)

Pick #20:SEA / Michael Busch(1B/2B - JR)

▲ 素晴らしいバットスピードを持ち、BB を選ぶ能力にも優れています。

木製バットでもヒットは打てていますが、HR が出ない所が難点。

1B としては身長が低いので、2B へコンバートするかもしれません。

高校時代は SS でしたので問題無し。打てる 2B は魅力的ですね。

 

さてココからは、私がGMだったらの妄想タイムです。(上記も妄想だけど)

先日書いた SEA の下部組織のお題。まだまだ充実はしていません。エースが

居ませんし、パワーバッターが居ないのは寂しいです。ピュアヒッターも

好きなのですが、やはり HR を量産出来る選手を引き当てたいですね。

 

ROUND-01 - Pick #20: Brett Baty(3B - HS)

▲ 打撃に関しては Top クラスの Josh Jung(3B)と引けを取らない。

アームスキルも素晴らしい。J.Jung と差が開いているのは 守備スキルと

遅すぎる足。守備を徹底的に鍛えればプロでも 3B に残れるかも。

f:id:Ginga-Bantyou:20190120152756j:plain


ROUND-02 - Pick #59: J.J. Goss(RHP - HS)

▲ 速球よりも変化球の方が評価の高い投手。スライダーのキレは抜群。

 

C.B-Round-B - Pick #77: Cooper Benson(LHP - HS)

▲ 奇麗なフォームでコントロールが素晴らしい。速球が上がればエース級に。

 

ROUND-03 - Pick #97: Gabe Holt(2B/SS - SO)

▲ Sophomore ドラフトで、伸びしろが大きい選手。

 

ROUND-04 - Pick #127: Kyle McCann(C - JR)

▲ 昨年一気に打撃が開花。アームスキル/守備スキルも素晴らしい。

 

ROUND-05 - Pick #157: Davis Sims(3B - JR)

▲ 体格の良い IF でパワーは有るが、とんでもない鈍足。

 

ROUND-06 - Pick #187: Taisei Yahiro(LHP - Ju-Co)

▲ カナダから大リーグ入りを目指す日本人高校生

 

最初の3つ HS の選手を選んでしまいました。伸びしろ重視の指名です。

金銭的にキツキツになりますので、ドラ6~10 は低低低額な掘り出し物に。 

ドラフトは、6月3日~5日です。

 

マリナーズ・ブログ☆

リリーフは毎年 FA から

ども、こんばんは!

Spring Training まで丁度1か月となりました。まだ Dipo の仕事は終わってない

と思うのですが、FA 大物の二人がなかなか決まらないので、動くに動けない。

そんな中で、ちょこちょこと契約が決まりました。

 

※ Aaron Northcraft(RHP)とマイナー契約

※ Dustin Ackley(OF/2B)とマイナー契約(ST 招待)

D.Ackley が SEA に帰って来ました。2012年、東京ドームでの開幕戦。

お立ち台に立ってヒーローインタビューに、戸惑っていた姿が懐かしいです。

28人枠に入れて、また来日出来ると良いですね!

 

※ FA の Tim Beckham(SS)とメジャー契約(1年:$1.75M + incentive $0.25M)

※ FA の Cory Gearrin(MR)とメジャー契約(1年;$1.50M + incentive $1.25M)

とりあえず J.P. Crawford(SS)は、まだメジャーレベルに達していないので、

AAA-Tacoma でスタートするかんじでしょうか。

T.Beckham は三振がとても多く、DRS(守備防御点)は、昨年 -3 で、

毎年マイナス数字になってます。こんな感じの SS は好きでは無いのですが、

選り好み出来るチーム状態ではないので、仕方ないですね。

MR を2年連続で FA にて獲得していますが、どちらも大失敗に終わっています。

C.Gearrin の値段がまだ発表されていないのでわかりませんが、このレベルの

選手なら、自前の若手を使った方が良いのでは??いらねぇ。

Shawn Armstrong/ Zac Rosscup/ Cory Gearrin / Anthony Swarzak

Roenis Elias/ Nick Rumbelow / Sam Tuivailala の7人はオプションを使って

マイナーに落とす事が出来ません。Brandon Brennan も R5D で一時預かりなので

落とせません。このオプション無し飽和状態、どうするんですか??

 

※ John Andreoli(OF)を DFATEX へ    現在 40 人

※ 調停を回避し Domingo Santana(OF)と1年契約($1.95M)

※ 調停を回避し Roenis Elias(LHP)と1年契約($0.91M)

f:id:Ginga-Bantyou:20190111114453j:plain

マリナーズ・ブログ☆

今年も日本人は在籍します

あけましておめでとうございます。

【追記-01-04】

本日、入団会見が行われました。

かなりペラペラと英語を喋っていましたね!高校の頃からメジャー志向が

強かったので、9年間しっかりと英会話の勉強をしていたんですね。

えらいぞ!凄いぞ!!投球の方でもビックリさせてくれ。

 

【追記-01-03】

Y.Kikuchi の契約がオフィシャルになりました。ギリギリでしたね。

金額はもうご存知かと思います。

3年-$43.0M、振り分けは $6.0M の署名ボーナス +

19:$8.0M / 20:$14.0M / 21:$15.0M  (+ 22:$13.0M - Player Option)

これに4年延長の Club Option が付いて 計7年/ $109.0M となります。

その他に、タイトルボーナス等のおひねりが、多数付くみたいです。

超変則型の契約なので、西武に支払われるポスティングフィーも変則型に

なるみたいです。3年確定で、$8.15M 位を今年支払い。 私的な感想は、

ん~素直に喜べない・・・あの S.Ohtani(LAA)が $0.56M だからなのだろうか?

サラリーダンプをして、若手を育てる方針に逆行する形となっていますが、

それでも欲しかった選手なのだろうか???

肩に爆弾を抱えている選手に対して、ベースとなる金額があまりにも高い。

『ボラス物件に手を出さない方がいい』と以前書いたのは、こういう事です。

しかし日本人の獲得は、喜ばしい事なので、応援しましょう!ん~ん・・

 

【本文-01-01】

NFL は最終戦が終わり、シアトル・シーホークスは、ワイルドカードにて

プレーオフ進出です。昨年からメンバーを少しずつ変えて、一新していますが

上手にチーム造りをしますよねぇ。M'sちゃんも見習いなさい!

 

※ ポスティングで Yusei Kikuchi(SP-LHP)を獲得(3年 + 1年 Player Option)

チームコントロール 7年という事で、3年で出て行くかもしれませんし、

7年間在籍するかもしれません。年俸は、まだ不明です。   現在 39 人

一切の情報がシャットアウトされていましたが、お正月にやっと決まりました。

おしゃべりな Dipo も、よくココまで我慢しましたね!

 92-94 mph の速球とスライダーで勝負する投球術。コレだとメジャーで通用する

のか不安ですね。やはりカーブとチェンジアップをモノにして欲しいかなぁ。

 

No.1- Marco Gonzales(LHP)

No.2- Mike Leake(RHP)

No.3- Yusei Kikuchi(LHP)

No.4- Wade LeBlanc(LHP)

No.5- Felix Hernandez(RHP)

現状だとローテはこんなカンジでしょうか。

新たに獲得した Prospect の三人は、焦らず AAA スタートでよいと思います。

F.Hernandez をどこかで DFA し、M.Leake をどこかでトレードに出せば、

若手を試す事も可能になるかと。

とりあえず Y.Kikuchi がメジャーに慣れるまで、ゆっくり見守りましょう。

f:id:Ginga-Bantyou:20190101134202j:plain

マリナーズ・ブログ☆