読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うっちゃれ!マリナーズ

私がSeattle Mariners(シアトルマリナーズ)のGMになったらっという、くだらな~い妄想を基本 『 あーでもない・こーでもない 』 と書いていく、 かる~いブログです。

ちょっと早くね〜!? 2017・・・その1

ども、こんばんは!

 

各サイトのファンタジーベースボールがスタートしましたね。

私は『Yahoo』と『MLB.com』に参加する予定です。頑張るぞぉ~!

 

今回のお題は、あと3ヶ月に迫った Draft 17’ について考えていこうと思います。

先日のお題、『未来の戦士達』では M’s の将来を担う選手達を書きましたが、

皆さんは、どのポジションが薄いとお感じになりましたでしょうか?

昨年、上位で獲得した選手もジャンジャン売ってしまいましたからね、はっきり言って

需要と供給のバランスが崩れています。今年はしっかりと目利きをし、使える選手を

増やさないと取り返しがつかなくなりまっせ。

まずは、

Pick #1:MIN  Pick #2:CIN  Pick #3:SD  Pick #4:TB

Pick #5:ATL  Pick #6:OAK  Pick #7:ARI  Pick #8:PHI

Pick #9:MIL  Pick #10:LAA ------ FA compensation

Pick #11:CWS  Pick #12:PIT  Pick #13:MIA  Pick #14:KC

Pick #15:HOU  Pick #16:NYY

ってな順序で進みまして、今年の SEA ドラ1は Pick #17 の予定です。

今年も戦力均等ピックが無い為、現時点では

ROUND-1(#17)/  ROUND-2(#55)/ ROUND-3(#93)/ ROUND-4(#123)

の順で指名する事が出来ます。Bonus pool は合計 $6.415M 。

#17:$3.174M/ #55:$1.149M/ #93:$0.552M/ #123:$0.408M・・・

(International FA 17'-18'; $4.75M 以内に絶対に収める)

 

ちなみに戦力均等ピック(Competitive Balance)に関して、新しい CBA が発表されて

いましたね。くじ引きでは無くなった内容は

※ 2017 年に確定した 14 チームは新 CBA が無効になる 2021 年までピック確定。

CB-A; TB/ CIN/ OAK/ MIL/ MIN/ MIA:6 チーム

CB-B; ARI/ SD/ COL/ CLE/ PIT/ KC/ BAL/ STL:8 チーム

翌年 2018 年は 6チームが CB-B に移動し、8チームが CB-A に移動する。コレを交互に

毎年繰り返すルール。指名順は勝率とかで変わりますが、新たなチームが参入する事は

出来ません。ずるくねぇ~ぇぇぇ。激弱 M'sちゃん も入れてくれよぉ。こんなルール

無くなっちまえっ!そして、HOU は STL から2つ罰則ピックをもらっているので、

羨ましい指名順になっています(15/53/56/75/91/121・・・)ズルいっ!

 

さて、今年はどんな選手がいるのでしょうか?見て行きましょう。

(現時点での私の評価ですのであしからず)

※ SP ※

昨年同様、かなり豊富なポジションとなっています。

College・HS 共に魅力的な投手が沢山居ますね。しかし左投手が激薄なので

人気の有る LHP はすぐに指名されてしまうでしょう。

現時点では Hunter Greene(RHP-HS)が 人気が出そう、

Kyle Wright (RHP-JR)・ Alex Faedo(RHP-JR)・ Brendan McKay(LHP-JR)

H.Greene は MIF 兼任の two-way player です。伸びシロもたっぷり有るので

指名出来るチームは羨ましいなぁ~。全体1位で HS の投手が選ばれる事は

近年ほとんど有りませんでしたから、もしかするともしかするです。

 

※ C ※

今年は意外と豊富なポジションとなっています。現時点でのTOP-3 は

J.J. Schwarz(C-JR)・ Evan Skoug(C-JR)・ K.J. Harrison(C-JR)

3人共ドラ1の可能性をもっているが、Mike Zunino(SEA)の時の様な

強力なインパクト・スター性を持った選手は居ません。

守備が平均値~以下の J.Schwarz ・E.Skoug は将来 1B へコンバートかな。

ってなると捕手として指名するにはリスクがあり魅力減。

 

※ IF ※

昨年同様コイツはスゲェ~ってレベルの選手は、現時点でいません。

少し枯れているイメージがあるポジションです。

Royce Lewis(SS-HS)・ Pavin Smith(1B-JR)・Jake Burger(3B-JR)

が現時点でのTOP-3 かな。R.Lewis が頭一つ抜けていてその後は、どんぐりの背比べ

ってかんじですね。SP の方で少し書きましたが、Hunter Greene(RHP-HS)は

SS としても一級品。しかし多くのスカウトが、投手として評価している。

 

※ OF ※

IF に比べれば若干豊富ですが、昨年よりは弱い感じのポジションです。

パワースキルのみ・ランスキルのみって選手より、バランス型が多いかな。

現時点では Jeren Kendall(JR)が 頭二つ位抜けていて、

Jordon Adell (HS)・ Quentin Holmes (HS)・Cole Brannen(HS)

辺りが続きそう。HS の方が豊富で魅力的ってイメージが有ります。

 

今年も、昨年同様、ずば抜けた選手が居ない為、難しい mock draft になりそうです。

昨年は全体1位候補だった Kyle Lewis / Jason Groome がズルズルとスリップして

来ましたから、今年も落ちて来た選手を SEA は GET 出来れば最高なのですが。

 

M'sの前の16チームが誰を指名するか、私が誰を指名(妄想)するのか

次回の 『その2』 で書いてみます。

f:id:Ginga-Bantyou:20170203150251j:plain

 

マリナーズ・ブログ☆