うっちゃれ!マリナーズ

私がSeattle Mariners(シアトルマリナーズ)のGMになったらっという、くだらな~い妄想を基本 『 あーでもない・こーでもない 』 と書いていく、 かる~いブログです。

5月の統括

ども、こんばんは!

さて、今月もザックリと、1ヶ月をまとめてみたいと思います。

2 vs LAA:✖ 3 vs LAA:✖ 4 vs LAA:◯ 5 vs TEX:✖ 6 vs TEX:◯ 7 vs TEX:◯ 8 :休

9 vs PHI:◯ 10 vs PHI:◯ 11 vs TOR:✖ 12 vs TOR:✖ 13 vs TOR:✖ 14 vs TOR:✖

15 vs OAK:◯ 16 vs OAK:✖ 17 vs OAK:◯ 18 vs CWS:◯ 19 vs CWS:✖ 20 vs CWS:✖

21 vs CWS:✖ 22 :休 23 vs WSH:✖ 24 vs WSH:✖ 25 vs WSH:◯ 26 vs BOS:✖

27 vs BOS:✖ 28 vs BOS:◯ 29 vs COL:◯ 30 vs COL:◯ 31 vs COL:◯

この間の成績は13勝15敗。

 

【5月の序盤】

※ James Paxton/ Hisashi Iwakuma(SP)が 10-DL 入り

※ Christian Bergman/ Sam Gaviglio(SP)を call up

※ Casey Lawrence (MR- TOR)を claim し獲得 → 25-Roster 入り

※ お金 ⇔ Casey Fien(MR);PHI とのトレードが成立

※ Steve Cishek(MR)が DL から復帰

【5月の終盤】

※ Robinson Cano(2B)が 10-DL 入り

※ Boog Powell(OF)を call up

※ Edwin Diaz(MR)がクローザーの座から降ろされる → 戻る

※ AAA で修行中の Mike Zunino(C)を呼び戻す(call up)

※ Tuffy Gosewisch(C)を降格

※ Robinson Cano(2B)が 10-DL から復帰

※ Rob Whalen(SP)を call up → 降格

※ Andrew Aplin(OF- HOU) を claim し獲得 → トレード(PTBN)

※ Chris Heston(SP)/ Mike Freeman(2B)を DFA → 共に LAD が claim

※ Ryne Harper(MR)を 40-Roster に入れ、call up → 降格

※ James Paxton(SP)が 10-DL から復帰

 

ほんと、ザックリです。

もっともっとゴチャゴチャと動いていますが、めんどくさいので省略しています。

一日に一回は誰かが何処かに移動しているという、とんでのない1ヶ月で、

先発の 80%を DL にて失いました。控えSP 達では、2流のチーム(打者)には

通用しますが、1流のチームにはフルボッコ。最後の最後で J.Paxton が復帰し、

F.Hernandez は sim game をスタート、戻りは 6月20日辺りらしい。

H.Iwakuma/ D.Smyly が戻るのはその先で日時は未定。H.Iwakuma には来年の

オプション契約を破棄させる為にわざと遅らせる・・な~んて事しないよねっ???!

(16/17年 合計 324 IP;残り 94 IP):青木の前例が有るのでコワイわぁ~。

パッチワーク・ローテーションで何処まで我慢出来ますか。

F.Hernandez が戻って来たら、SP 6人制にしてみたらっ!怪我回避を考慮してさっ。

ちなみに、M.Haniger(OF)は 13日辺りに復帰予定。

ちなみ2、TB にレンタルされている Kevin Gadea(SP)もリハビリを始める予定。

 

気になる点は、二つ。

★ 『技巧派フライ系投手 / 出塁率重視の打者』この2点集中型でオフの補強を

行ってきた Dipo ですが、今も尚この2点で選手を選別しています。

ちょっと偏りすぎている気がしますね。投手はホームでは何とかキャッチ出来ても、

ロードでは HR になってしまいますし、打者は長距離砲が居ない時は極端に点が

取れない状態に。少しバランス良くチームを作って欲しいのですが・・・・。

まっ、トレードの材料が無い現状では、しょうがないかっ。

マイナーでですら結果を残せていない T.Gosewisch(C)や C.Lawrence(MR)を

わざわざ 40-Roster に入れておく必要あるのかな?要らなくない???

 

★ DET / CWS / TOR 等は売り手になるであろう、という記事をよく目にする様に

なりました。上記のチームよりも弱いはずの M'sちゃんのネタは全く目にしません。

・・・・ そりゃそうだっ!陳列棚に売り物が無い!

売る物が無ければ買い手は付きませんよねぇ。DL に入っている選手が全て復帰したと

しても八方塞がりです。高給取りの R.Cano/ F.Hernandez/ H.Iwakuma には

フルのトレード拒否権が付いていますし、Y.Gallardo/ D.Smyly は売物にもならない。

では、棚に陳列出来る商品を見てみましょう。

最高級品 : N.Cruz(DH- 2018年FA)/ J.Segura(SS- 2018年FA)

高級品 : K.Seager(3B- 2022 or 23年FA)

1級品 : M.Rzepczynski(MR- 2018年FA)/ S.Cishek(MR- 2017年FA)

2流品 : D.Valencia(1B/3B- 2017年FA)/ J.Dyson(OF- 2017年FA)

3流品 : Y.Gallardo(SP- 2017 or 18年FA)/ Carlos Ruiz(C- 2017年FA)

こんな所でしょうか。上の3人を売ってしまうと、来年の希望は無くなります。

来年よりも先の未来をという考えであれば、 N.Cruz を売りに出して良いと思います。

J.Segura とは長期契約を結んで欲しいなぁ。『こんなチーム嫌だね』って言われそう。

現段階で売れる可能性が有るのは・・・・1級品 & 2級品 ってところでしょうか。

3流品 が売れれば、万々歳って感じ。あぁ~、もー全部売り飛ばしたい。

って事でやはり、売り手なのに売る商品を持っていないのが今のM'sちゃん。

チーム総額 $150.0M 以上で 100敗したチームという珍記録でも目指しましょうか。

はぁ~毎年の事ながら・・情けない・・・・・ファンやめたくなる・・・

 

マリナーズ・ブログ☆

広告を非表示にする