うっちゃれ!マリナーズ

私がSeattle Mariners(シアトルマリナーズ)のGMになったらっという、くだらな~い妄想を基本 『 あーでもない・こーでもない 』 と書いていく、 かる~いブログです。

ちょっと早くね〜!? 2021・・・その2

ども、こんばんは!

長くなってしまったので半分に分けました。その2です。

SEA までの 11チームが誰を指名するか予想してみます。うっちゃれ Mock Draft

MLB.com Top.100 Draft

FanGraphs Draft Prospects

 

Pick #1:PIT / Kumar Rocker(RHP - JR;01)

※ ファームは素晴らしい打者王国になっています。今年こそは投手に

行くのではないでしょうか。

▲ 19 奪三振のノーヒッターという偉業をやってのけたスーパーな投手。

平均 93-96mph の FB、最速は 99mph に達する。全体1位最有力です!

 

Pick #2:TEXJack Leiter(RHP - SO;06)

※ 先日、Dane Dunning(RHP)を手に入れましたが、まだまだ投手が薄い

ファームです。リビルドチームの目玉になるエースが欲しいのでは?

▲ No1 候補の Kumar Rocker とダブルエースを組んでいて、Rocker よりも

高い評価を得る事も有る。この二人を指名しておけば間違いないかも。

 

Pick #3:DET / Marcelo Mayer(SS - HS;07)

※ 近年は高順位で指名出来ている為、羨ましいくらいのファームとなって

いますね。ちょっと MIF が薄いのかなぁ。

▲ 現在スカウト達の評価上昇中!今ドラ最上級のコンタクトスキルを

もっていて、パワーも平均以上になるだろうとの事。私の中では No1 野手。

 

Pick #4:BOS / Jordan Lawlar(SS - HS;02)

※ ファームは焼け野原、誰でもOKなチーム。

っていうか、何で BOS がこの位置に居るのよっ!!!

▲ 現時点では、高校生 No1 の選手です。5ツールの SS で

プロ入り後も SS に留まれる守備力が有り、Bobby Witt Jr.(KC)と比較される。

 

Pick #5:BAL / Ty Madden(RHP - JR;10)

※ 昨年は契約金を節約する、ビックリ指名をしてきたチーム。

今年もお金が無いので、ビックリ指名、有ると思います!

▲ 高校時の評価も高かったのですが、大学に入り体が大きくなり

更に評価が上がりました。スライダーがかなり強力な武器になっている。

 

Pick #6:ARI / Matt McLain(SS - JR;03)

※ バランスのよいファームになっていますが、エース級がいませんね。

しかし、昨年5人中4人も投手を指名したので、どっちも有りかなぁ。

▲ 身長が低いってのがネックだが、驚くべきパワーで非常に優れた打者スキル

を持っている。プラスのスピードと肩は、プロ入り後も SS に留まれるだろう。

 

Pick #7:KCR / Adrian Del Castillo(C - JR;04)

※ エースが居て、4番が居るファーム。羨ましいですなぁ。

層に厚みをもたせる為に、大学生の指名をすると予想。

▲ 今ドラ最高の攻撃型キャッチャー。バットスピード/パワースキルは

最上級。しかし、守備の評価が高くは無く OF にコンバートするかも。

私は元SEA の Alex Jackson を思い出すので、守備の出来ない捕手はちょっとね。 

 

Pick #8:COL / Jaden Hill(RHP - JR;05)

※ 投手が薄いイメージ。今年は投手かなぁ。

▲ アメフトの QB / コロナ渦 / 肘の怪我と大学に入ってから、まともに

投げれていない。しかしポテンシャルは Kumar Rocker をも上回る・・かも。

 

Pick #9:LAA / Brady House(3B - HS;12)

※ 相変わらずパッとしないファームですね。誰でもOKなんじゃない。

▲ 昨年までは、高校生で今ドラ最高の評価を得ていましたが、

コンタクトスキルの乏しさが表に出てしまい、評価を落としている。

パワースキルは最上級なので Joey Gallo みたいなタイプなのかも。

 

Pick #10:NYM / Colton Cowser(OF - JR;13)

※ いっつも SEA の直前に居ますよね NYM って。そして私の狙っている

選手をぶんどって行くチーム。嫌な予感しかしない。

▲ 今ドラ最高級のピュアヒッター。フレッシュマン時からしっかりと

結果を残せている。3B でもプレーしているので内・外野守れるのはデカイ。

 

Pick #11:WAS / Ethan Wilson(OF - JR;23)

※ とてつもない投手王国になっていますね。偏りすぎなので、今年は

野手に行くのでは?

▲ 2019年のフレッシュマン時 Sun Belt カンファレンスの年間最優秀選手

となる。ラインナップの真ん中に収まるに十分なものを持っている選手。

 

Pick #12:SEA / Jordan Wicks(LHP - JR;16)

※ ニタニタ ( ´艸`) が止まらないファームになっています。

需要は CIF ⇒ MIF ⇒ C ⇒ SP ⇒ OF ⇒ MR ってカンジかなぁ。

▲ 2019年に BIG12 カンファレンスの新人賞を受賞し、2020年でも

シーズン/夏のリーグ共に、文句なしの成績を残せています。

平均 90-93mph の FB、最速は 95mph に達する。今ドラ最高の

チェンジアップの使い手。Dipo の好きそうな選手かなと。

 

さてココからは、私がGMだったらの妄想タイムです。(上記も妄想だけど)

先日書いた SEA の下部組織のお題。充実はしていますが、

絶対的なエースと内野のパワーバッターが居ないのは寂しいです。

ピュアヒッターも好きなのですが、パワーバットが欲しいなぁ~。

 

ROUND-01 - Pick #12:SEA / Jordan Wicks(LHP - JR;16)

▲ Dipo の指名とかぶりました!Dipo は大学生なのが絶対。

チェンジアップ好きで、体格に恵まれている選手が好き。

って事で Jordan Wicks を選ぶだろうと予想したのですが、

私は、大学での成績重視でいつも選んでいます。2020年、彼の成績は上位投手

の誰よりも強打されてない。今ドラでは希少な LHP を指名出来たら万々歳かな。

f:id:Ginga-Bantyou:20210118162630j:plain

ROUND-02 - Pick #48:SEA / Colson Montgomery(3B - HS;48)

▲ パワーの有る高校生野手。守備は平均的だが肩は強い。

 

ROUND-03 - Pick #85:SEA / Jalen Battles(SS - JR)

▲ フレッシュマン時から好成績を残せている選手

 

ROUND-04 - Pick #115:SEA / Noah Cardenas(C - JR)

▲ こちらも、フレッシュマン時から好成績を残せている選手

 

ROUND-05 - Pick #145:SEA / Satchell Norman(C - HS)

▲ 投手としても投げているので、強肩捕手

 

昨年の成績が反映出来ないので、スカウト陣も難しい選択に

なるでしょうけど、ガンガン攻めて欲しいなぁ~。

7月/11日~13日 です!待ち遠しいぃぃ。

マリナーズ・ブログ☆ 

ちょっと早くね〜!? 2021・・・その1

ども、こんばんは!

※ International FA 20-21 で9人と契約。

Starlin Aguilar(3B-Dominican)/ Gabriel Gonzalez(OF-Venezuelan)

Luis Bolivar(OF-Venezuelan) / Juan Pinto(LHP-Venezuelan)

Aneury Lora(RHP-Venezuelan) / Roiber Talavera(RHP-Venezuelan)

Gleiner Diaz(RHP-Venezuelan) / Bryant Mendez(SS-Venezuelan)

Victor Labrada(OF-Cuba)

 

※ 年俸調停を避け 4人全て 1年契約合意。ホッと一息。

Haniger:$3.010M Montero:$2.250M Crawford:$2.050M Murphy:$0.875M

 

ST 開始まであと1か月となりました。4月1日のオープニングデーは動かさない

みたいなので、選手会もチャチャを入れないで欲しいのですが。。。

キャンプ地ピオリアに集合出来るのは、メジャー / AAAレベルの選手のみで

AAレベル以下の選手はキャンプ地が空になってから、ST スタートとなります。

後ろにずれ込みますので、AAレベル以下のチャンピオンシップシリーズ は

今年に限り無くなる予定です。

 

今回のお題は、あと6ヶ月に迫った Draft 21’ について考えていこうかと。 

MLB.com からは Top.100 Draft Prospects が掲載されています。 

毎年6月の上旬に開催されるドラフトですが、今年は 7/11~7/13 に変更

されました。学生達のレギュラーシーズンは5月下旬に終わってしまうので

7月まで暇になってしまいます。って事で今年から『MLBドラフト・リーグ』

がスタートします。その年のドラフト対象となる高校生と大学生が参加する

リーグで、6球団に分かれてそれぞれ 68試合行います。期間は6月~8月。

ドラフト直前の絶好のアピールの場となり、ドラフト指名されなかった選手も

8月までに頑張れば、ドラフト外で指名されるかもしれません。

スカウト評価も Mock Draft も、一気に変動する期間となりそうです。

 

先日のお題、『未来の戦士達』では M’s の将来を担う選手達を書きましたが、

皆さんは、どのポジションが薄いとお感じになりましたでしょうか?

Dipo 就任以来、Kyle Lewis / Evan White の野手指名 ⇒ その後3年間は

投手指名が続いていますね。ドラ1に関しては、その時点でのベストな選手を

選んでいると思います。それ以下がちょっと不満ですけども。

 

まずは 今年の、 Draft Order

今年の SEA ドラ1は Pick #12 確定です。昨シーズン最後無駄に勝たなければ

Pick #7 くらいだったのになぁ~。無駄の多いチームだよホント。

さて、今年はどんな選手がいるのでしょうか?見て行きましょう。

  (現時点での私の評価ですのであしからず)

※ SP ※

Vanderbilt 大のダブルエース二人を中心に、大学生のレベルが高いです。

LHP は薄いので人気でそうです。高校生を狙うなら2巡目以降が

おすすめかなぁ~。

※ C ※

スーパーな選手は居ませんが、Top100 内には多くの捕手が居ます。

私は No4 の Adrian Del Castillo よりも No26 の Henry Davis の方が

好きかなぁ~。

※ IF ※

豊作だと思います、特に高校生が。何処まで化けるかが全くわからない

のが不安要素ですが、思い切って狙ってもよいポジションかなと。

ココは大学生よりも高校生にいって欲しいなぁ。

※ OF ※

不作だと思います。ココにあえて手を出す事はないかなぁ。

私の好みの選手も居ないし。ん~・・やっぱ無いな。

 

全体でまとめると、上位の Kumar Rocker / Jack Leiter / Jaden Hill

Jordan Lawlar / Matt McLain / Marcelo Mayer が奇跡的にスライドして

落ちて来たら狙うべきだと思います。私の中ではスペシャルな6人だと

思っています。それ以外だと、うぅ難しいなぁ。ホント難しい!

 

M's の前の 11チームが誰を指名するか、私が誰を指名(妄想)するのか

次回の 『その2』 で書いてみます。

マリナーズ・ブログ☆ 

未来の戦士達:2021

ども、こんばんは!

ずっと、マイナー契約という小さなニュースしかありませんが

Taijuan Walker(SP)と契約出来ないかなぁ~。拒否られているのかなぁ??

※ Dillon Thomas(OF)とマイナー契約

 

今年は コチラの Prospects Ranking を参考にしたいと思います。

Tier-1 ; All-Star 級で活躍できる可能性を持った選手 :3人

Tier-2 ; 平均以上のメジャーリーガーになれる可能性を持った選手 :9人

Tier-3 ; 平均的なメジャーリーガーになれる可能性を持った選手: 16人

Tier-4 ; メジャーに昇格出来るかもしれない選手: 11人

Tier-5 ; 注目する価値は有る選手(40-Roster入りはギリギリかな): 11人

 

No3 の Emerson Hancock はちょっと怪しいかなぁ~ってカンジですが、

チームの未来は明るい気がします。

(M'sファンは未来に期待を持ってはいけないはずだが・・・・)

問題は『ドラ4・ドラ5なのにスゲー選手に成長したなぁ』っていう

掘り出し物選手が出てこないんですよねぇ~。毎年ドラ1だけしか

期待出来ないってなると、層が厚くならないので、ドラ4・ドラ5は

無難な選手ではなく、天井重視での一発勝負でお願いしたいなぁ~。

 

私個人もランキングを作ってみました。TOP-20 !!!

明らかに好き嫌いが出ていますので、文句言わないでちょ。

MLB に到達し、かなり出場した選手は省いています)

No1 : Julio Rodriguez(OF)   No11 : Isaiah Campbell(RHP)

No2 : Jarred Kelenic(OF)    No12 : Cal Raleigh(C)

No3 : Logan Gilbert(RHP)    No13: Tyler Keenan(3B)

No4 : Noelvi Marte(SS)     No14: Taylor Trammell(OF)

No5 : Starlin Aguilar(3B)    No15: Brandon Williamson(LHP)

No6 : Sam Carlson(RHP)     No16: Milkar Perez(3B)

No7 : Emerson Hancock(RHP)   No17: George Feliz(OF)

No8 : George Kirby(RHP)     No18: Yoander Rojas(C)

No9 : Jonatan Clase(OF)       No19: Dayeison Arias(MR)

No10 : Juan Then(RHP)         No20: Connor Phillips(RHP)

 

これをふまえて、次回は Draft 2021 を考えて行きたいと思います。

マリナーズ・ブログ☆